2017年03月21日

ここ最近のゲームの話。

あんまダウナーな話題ばかりしてもアレなので楽しい話をしようじゃないか(唐突


つーことで最近の私的ゲーム事情のコーナーです。
登録した当初はSTGやら2DACTやらの小ぶりなゲームばかりだったSteamライブラリもここ半年ぐらいですっかり大作の割合が多くなってきましたので最近遊んでるのをいくつかご紹介。
しかし閃乱カグラのために増設したはずグラボ(GTX750Ti)がまさかこんな形で活躍するとはねぇ・・・

・Cities: Skylines
20170306150433_1.jpg

早い話がシムシティ的な都市開発ゲー。経営要素はかなりユルい難易度なのでどちらかっていうと自分の理想の都市作ってニヤニヤするゲーム。街路樹とか公園とかの修景に力入れだすと無限に時間持っていかれるヤツ。

・ASTRONEER
20170320131359_1.jpg

早期アクセス中の宇宙探索ゲー。ベータですらないプレアルファ版なのでまだまだボリューム不足感は否めないけど可愛くデフォルメされた惑星をのんびり探索してるだけでもなんか楽しいヤツ。

・Sid Meier's Civilization V
20170321040426_1.jpg

もはや説明不要?のターン制ストラテジーの有名シリーズ。戦争するだけじゃなく科学技術やら芸術やらありとあらゆる要素で勝ちを狙いにいけるゲームだとは思ってなかったんでただただ驚き。これでゲームとして成立させてるとか作った人は天才か何かですか?
なんか画面上だと非難声明出されてますが俺のせいじゃないです。カメハメハとかいうのが悪いんです(戦争持ちかけてきた)


そんな感じのアレでした。
最近だとニーアとか国内の大作も結構出るようになったしみんなSteamでゲームしたらいいと思うよ!
パッケージ無いと落ち着かない人もいるかもしれないけどなんだかんだでDL販売って便利ですよ。古めのタイトルとかはバカみたいな割引セールとかするからお財布にも優しいしね!(Civ5は全DLC込みのコンプリート版を個別購入での総額の92%オフで購入)
posted by 七茶 at 05:10| Comment(0) | ゲーム

2016年05月16日

ゲームレビュー的なアレ(スマホゲー編その後)

ということで2ヶ月ぐらい前にゴ魔乙とグリムノーツのレビューチックなモノを書いたわけですが、その後しばらく両タイトルを遊び続けてみて評価が変わってきたのでカンタンに。

●ゴ魔乙
某ゲームがガチャで問題になった?あたりから10連で☆4以上"2枚"以上確定とか10連の初回半額がデフォになったりとかで前回のレビューで散々文句をブーたれてたガチャがそれなりに改善された結果、

「アレなガチャで霞んでたけど実は良ゲーだったんじゃん!」

という評価に。(あくまで体感だけど前は出る気がしなかった☆5もそこそこ出るように)

ちょっと前に「ゴ魔乙でケイブが黒字」みたいなニュース見て「本当にー?」と半信半疑だったけど、今(5月16日)やってるコラボイベントでもコラボキャラに釘宮理恵さんやら斉藤千和さんやらの社員がボイスあててた頃を知る人からしたら信じられないような有名声優を使ってたりしてるんで実際儲かってるみたいですねー。


●グリムノーツ
イベントも定期的にアレコレと開催してるし最初はワンパターン気味だったキャラのスキルにも工夫見せるようになっててゲームの内容自体にはあまり文句は無いんだけど、ここに来て「スタミナ要素が無いこと前提の育成バランス」が正直しんどくなってきたので最近ワリと放置気味に。

キャラの進化素材とか武器練成のための素材とかを集めるために曜日クエストを何十週もするのは気軽に遊ぶレベルだとやっぱ辛いなぁ、と。

コレメインで遊ぶなら良いゲームだとは思うけど他のゲームとの掛け持ちはあんまオススメできないかなぁ、という評価。


そんなカンジでございました。

あと話は全然変わりますが、今年の夏コミ、一応WLWで申し込んだんですが多分WLWの本は出ません。
正直もう半年以上WLWやってないっていうかアケゲー自体遊んでないような状態なので。

まだ確定じゃないけど城プロかワンチャンゴ魔乙かなぁとかなんとかかんとか。
posted by 七茶 at 05:15| Comment(0) | ゲーム

2016年04月01日

ゲームレビュー的なアレ(Steam編その1)

もう放置とか気にしない!(挨拶

そんなこんなで不定期連載?のゲーム紹介コーナー、今回は国内タイトルも充実してきた感あるSteamから2本ほど。


●VVVVVV(読み方不明。一応「シックスブイズ」が一般的らしい)

70300_2016-02-06_000011.png

海外インディーズゲーとしてはかなり有名なタイトル。
見ての通りのレトロなグラフィックがおっさんゲーマーには嬉しいアクションゲー。

操作が「ジャンプ」ではなく「重力反転」でそれを生かした仕掛けがどうたらとかそういうトコはグーグル先生に聞けばいくらでも教えてもらえるので華麗にスルーして、このゲームで一番素晴らしいと思うのは
「死にゲーなのにストレスが溜まらないゲームバランス」
コレに尽きます。

レトロなアクションゲームなので当たり前のように主人公にライフなんて概念は無くて、天井やら床やらに生えまくるトゲやら良く分からない敵のような何かに触れれば一発でミスになるんですが、とにかくセーブポイント(上の画面にある「C」のマーク)がほとんど全部の画面といっていいぐらいに設置されてて、死んでもすぐに直前ぐらいから復帰できるので、「セーブポイント直前でミスって苦労しながら一度通った道をまたやり直し」みたいなストレスがあんま無いのです。(しかも残機は無制限でゲームオーバーなし!)

かと言って無茶苦茶ヌルゲーってワケでもなく、
「心を折りそうな仕掛けをチェックポイントの多さでギリギリ折らない程度に頑張らせる」
絶妙な難易度がとにもかくにも素晴らしい!
(正直チェックポイントの数がコレよりもっと少なかったり多かったりしたら、無理ゲーorヌルゲーのレッテル貼られてもおかしくは無いぐらい絶妙)

「死にゲー」のワードが先に出ちゃってる感あるのでちょっとハードル高そうに見えるけど、「マリオの1-1でクリボーに衝突して死ぬ」とかいうレベルじゃなきゃクリアぐらいなら何とかなるレベルなので是非とも触って欲しいタイトルです。

あと音楽もとっても素晴らしいのですがコレはプレイ動画とか見てくれたほうが早いのでそっち見てください。(雑


●Hexcells(と続編のHexcells Plus・Hexcells Infiniteも)

304410_20160401173544_11.png

マインスイーパーをハチの巣型にしてピクロスのルール(+α)を足したカンジのパズル。
それ以外はそんなに特筆するトコ無いけどゆったりとした音楽とマスを開くごとに鳴る音がイイカンジにシンクロしてくれるので雰囲気を楽しみたい人にもイイかも?(かも?)

ヒントとなる要素が多い分、いろんな角度からのアプローチで考えなくちゃならないのが難しくもあり楽しくもあるので、じっくりと考えるのが好きな人にはオススメしたいタイトル。
お値段もセール時なら3本セットで500円するかしないかぐらいなのでお手ごろですよ!

ちなみにInfiniteにはその名の通りのランダムパズル生成モードが追加されてて1億通りのパズルが楽しめるので、その気になれば100時間以上遊べるかも?(ただ乱数生成なので出来は当たり外れアリ)


そんな感じのレビュー第2回でした。
なんかもうイラストサイトとしての体を成してない感あるけど、絵はTumblrにちょこちょこ上げてるんでそっち見てください(えー

posted by 七茶 at 19:05| Comment(0) | ゲーム

2016年02月03日

ゲームレビュー的なアレ。(スマホゲー編)

やる気を出して久々に更新したのでついでにスマホで遊んでるゲームについてのレビュー的な記事でも。

●ゴシックは魔法乙女(ケイブ)
スマホに変える前から存在自体は知ってたのでスマホにして真っ先にインストールしたタイトル。
アーケードで散々STG出してるケイブなのでSTG部分はさすがに言う事ナシ。アイテムジャラジャラゲーなのも個人的には◎
あとキャラのレアリティに依存するのはスコアに掛かる倍率のみで、ショットの火力自体はレアリティ最低の☆1も最高☆5も一緒らしいので☆5が全く無くてもスコアタ入賞ぐらいなら何とかなるのも親切仕様、ってカンジ(☆5のキャラにしか無いショットタイプもあるけど最上位のスコア狙わなければ別に何とも)

ただそのせいかどうかは知らないけどガチャの確率がしょっぱすぎるのが・・・
☆4が1枚以上確定の10連はホントに☆4が1枚しか出ないのがデフォだし☆5とか出る気がしねーっす
ガチャ回す以上はやっぱレア出てくれたほうが嬉しいのは事実なのでこのあたりは正直なんとかして欲しいトコロです

●グリムノーツ(スクエニ)
最近リリースされたばかりでTwitterでフォローしてる人(WLWプレイヤー)がちょくちょく話題にしてたので落としてみたヤツ。リリースから2週間ぐらいしか経ってないのに既に300万DL超えてたりPlayストアのランキングでも1位になってたりと世間的にも今ホットなタイトルみたいです
タイトルの通り童話の世界がモチーフになっててアリスやら赤ずきんやらの俺好みの童話キャラもいたのが手を出した理由なんですけど、みんなそんなに童話キャラ好きなモノなんですかね?

戦闘システムは白猫?っぽいらしいけど、その白猫をやったことが無いので「レーンが3本に増えた初期のテイルズの戦闘」って表現を使っておく方向で
バランスに関しては攻撃スピードの速い片手剣が強すぎて他の武器の長所が霞んでるなー、ってカンジで現時点ではにんともかんとも。個人的にはこのあたりは他の武器の長所をもっと強くする方向で調整して欲しいかなー

肝心のガチャはレビュー見るカンジだとワリと渋めらしいですが、10連でも単発でもちゃんと最上位の☆5が出てくれるので俺はそれだけで文句無いです(比較対象が悪すぎる気がしないでもないけど・・・)
最初はストーリーの初回クリアでバカスカ石集まるので課金無しでも結構ガチャ回せますし

難易度そんなに高くないせいかサクサク進みすぎちゃって早くもちょっとダレてきてる感あるので「コンボを○○Hit以上繋げ!」とかそういうミッションが増えてくれるとイイかなー


・・・といったカンジでした。
今のところ上記2タイトルとねこあつめぐらいしかやってないので、そこそこ長々と書いたけど基本主観的でレビューとしてはあんま参考とかにはならないと思います(えー

つか3行レビューぐらいの軽いノリにするつもりだったのにえらく長くなっちまったよ。文章力不足が露呈されてますな・・・

posted by 七茶 at 13:01| Comment(0) | ゲーム

2015年10月12日

たまには家ゲーの話題でも。

285440_2015-10-12_00001.png

271900_2015-10-09_00001.png

367570_2015-10-12_00001.png

と言っても家庭用ゲーム機ではなくPCゲーの話ですが、1ヶ月ぐらい前にSteamに登録しましてちまちまと遊べるゲームを色々と遊んでおります。

CAVEのSteam参戦のニュースが登録のキッカケで最初に買ったのもゲセンであんまじっくり遊べなかったクリムゾンクローバーだったんですが、それ以降は個人開発?のミニゲーム的なモノを気の向くままに手を出す感じで、ライブラリの中身もネットを始めたばかりでフリーソフトをアレコレと漁ってたころのゲームフォルダのようになってきました。

クオリティ的な部分で言えば当たり外れは多少なりあったりするんですが、パッケージ販売よりリスクが少ないデータ配信ならではの挑戦的な発想のゲームがあるのは古いタイプのゲーマーとしてはワクワクできてイイですね。


ちょっと話は戻ってさっき触れたCAVE以外にも既に新旧(どちらかというと新寄りかな?)の国内のアーケードタイトルが参戦してるのも個人的には結構驚きでした。

こっちに関してはまだまだこれから発展するかどうか、って段階なんでしょうけど、今後海外ならでは?のチョイスで懐かしのタイトルとかも増えて欲しいっすねー。
posted by 七茶 at 18:16| Comment(0) | ゲーム